【ライブコマースPR会社が解説】Live kit(ライブキット)を最も賢く使う方法を伝授します。

2021/12/03

「Live kitでライブコマースを実施しようとしているけどうまくいくのか」

「他のプラットフォームの方がよいのか」

「そもそもライブコマースで商品は売れるのか」

代表的なライブコマース運用ツールである「Live kit」を検討している方は、上記のような悩みがあるのではないでしょうか。この記事ではLive kitを最も賢く使う方法を解説します。

Live kitのメリット・デメリット、導入する理想のタイミング、他アプリとの比較など、検討している方の不明点や悩みやを解消できればと考えています。

色々なプラットフォームがあってどれを使えばよいかわからない。

ライブコマースには興味があるけど、自社で実施するノウハウがない。

といった悩みを抱えている、マーケティング担当者や広報担当の方は、当社の事例を元にまとめておりますので、ぜひ最後までご一読頂けますと幸いです。

ライブコマースをやりたい会社が急増

近年、ライブコマースを販売チャネルとして活用する企業が増加しています。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、店舗での売り上げが減少した企業が、ライブコマースを上手に活用して、商品を販売しているのです。

特にアパレル・化粧品など小売業を中心に急拡大しています。そもそもライブコマースは、中国で以前急激に伸びた販売チャネルです。

中国では、2016年ごろからEC事業者が、Webサイトに変わるマーケティング手法として取り組み始めました。三菱UFJ&コンサルティングの「ライブコマースの動向整理」では、中国のインターネット利用者の62%がライブの配信をしていると記載があります。

また、三井物産戦略研究所の2020年12月に発表した調査によると、2020年の中国のライブコマースの市場は9,000億元(約14兆円)に達すると予測されており、更に市場は伸びていくと予想しています。

ライブコマースの伸びは以下2つが関係しています。

  • ネット環境の高速化(4G、5Gの浸透によりリアルタイム配信がスムーズに視聴できる環境)
  • ライブ配信中の顧客とのリアルタイムコミュニケーション→商品の購入
  • 疫病の蔓延(コロナウイルス)

ライブコマースでは、配信中にコマーサー(出演者)と視聴者がコミュニケーションをとることができます。例えば、チャット機能で視聴者から質問があり、それにコマーサーが答える形だったり、「AとBならどっちが欲しいですか?」とコマーサーから問いを視聴者に投げかけたり、インタラクティブ(双方向)であることが特徴です。

このシステムは視聴者が気になった商品を、画面でそのまま購入できる仕様となっており、商品購入の後押しになったりと、結果ライブコマースの市場は日本でも伸びています。

ライブコマースをやるにはプラットフォームが必要

しかし、ライブコマースを実施したいと考えても、なかなかすぐには取り組めないでしょう。

「どのプラットフォームでライブ配信すれば良いのか」

「商品を購入するためのシステムはどうするのか」

「ライブに出演する人はどう選ぶべきか」

など、考えるべきポイントがたくさんあります。なかでも、ライブコマースを実施するプラットフォームは数も多く、何を選ぶべきか悩むポイントです。下記、日本でライブコマースが実施できるプラットフォームをリストアップしていますが、代表的なツールだけでも下記のように数が多いのです。

  • Instagram
  • YouTube
  • 17ライブ
  • SHOWROOM(ショールーム)
  • Live kit(ライブキット)
  • Hands UP
  • T I G
  • Bambuser 

「動画」をメインコンテンツとしているプラットフォームや、ライブコマースに特化しているサービスなど沢山あります。この記事では、その1つでもある、Live kit(ライブキット)について掘り下げて詳しく説明していきます。

ライブコマースが実施できるプラットフォームについて詳しく説明した記事もあります。ぜひ合わせてご一読ください。

ライブコマースのプラットフォームはどうやって決めるべき?PR会社がどうやって提案しているのか解説します。

Live kit(ライブキット)とは何か?

Live kit(ライブキット)は前述したようにライブコマースの配信プラットフォームです。運営しているのは日本ユニシス株式会社。東証一部上場企業で、大型汎用コンピュータのベンダー会社です。もともとはSTARP株式会社というスタートアップ企業が作り出したサービスですが、2021年2月に日本ユニシスに事業譲渡されています。

ライブコマースの配信システムは他にも、Hands Up、TAGsAPIなど様々ありますが、投げ銭機能・有料配信機能がある点、また大手ベンダーが運営するからこそ生まれる質と初期費用の高さが特徴的です。

詳しくは後述するが、Live kitの賢い使い方は、主に以下2点でしょう。

  • 初期費用50万円をどのように考えるか(事前に投資対効果を検討)
  • 投げ銭機能・有料ライブ配信機能などLive kitにしかないメリット活かす

以降説明する、メリットデメリット、導入のタイミング、他のライブコマースのツールとの比較について理解して、導入を検討しましょう。

Live kitのメリット・デメリット

次にを導入するメリット・デメリットについて説明します。

Live kitのメリット

  • SNSなどの媒体に依存しない
  • メールアドレスのリスト、フォロワーへの一斉通知可能
  • コマース・EC機能が充実している

※上記3つは配信プラットフォームとしてのメリット(比較対象はインスタライブ)

  • 投げ銭・有料配信機能が充実している
  • ライブ画面内で購入が完結する
  • 売り上げマージン費が無料

※上記3つはLive kitとしてのメリット(比較対象は競合ツールであるハンズアップ)

特に上記3つはLive kitの強み、導入のメリットです。投げ銭機能、有料配信機能はHands UPにはありませんし、売り上げに応じて手数料が増えることもありません。ここが、競合のライブ配信プラットフォームであるHands UPとの大きな違いでしょう。

Live kitのデメリット

  • 初期費用が50万円かかる
  • サーバー費用がかかるのでハンズアップと比べると若干割高

初期費用に200万円かかることが大きなデメリットです。大手ITベンダーが運営しているので、使い勝手が良く、サポートも手厚いが、投資対効果をしっかり検討しないと導入障壁が高いでしょう。

「一時的にライブコマースを実施したい」などのニーズには向いていないので、インスタライブなど、無料のツールを利用して、ある程度収益の見込みを確信してから、導入する必要があります。初期費用の50万円は安い金額ではないので、再現性がないまま導入しても、無駄になっていしまいます。

理想的な導入タイミングは?

次に理想的な導入タイミングについて紹介します。いつ導入すればよいのか迷っている方はぜひ下の3つを確認してください。

ライブコマースを定期的に実施するイメージができている

前述の通り、ライブキットの導入には初期費用が50万円かかります。1度きりのライブコマースの実施では、投資対効果を得ることは難しいでしょう。定期的にライブコマースを開催して、各回で収益を上げる必要があります。

企画、キャスティング、集客など、ライブ配信は実施までにかなりの工数がかかります。投資した費用と時間(人件費)を継続的に回収するには、複数回の実施が前提です。もしスポットで試験的に実施するのであれば、無料で配信できるインスタグラム、もしくはハンズアップなど安価で導入できるツールを試してみることがおすすめ。

→もしくはLive kitのお試しプランを使用して判断しましょう。

ハンズアップを使ったライブコマースについては以下の記事で詳しく説明しています。ぜひ合わせてご一読ください。

【業務提携パートナーが解説】HandsUP(ハンズアップ)を最も賢く使う方法を伝授します。

インスタグラムを使ったライブコマースについては以下の記事で詳しく説明しています。ぜひ合わせてご一読ください。

インスタライブでライブコマース成功するには何が必要?事例を用いてPR会社が解説

投げ銭機能・有料ライブ配信を実施するイメージができている

前述の通り、ライブキットは投げ銭機能、有料配信機能があることが特徴です。ライブキットを使用する際はこちらの機能を十分に使っていくべきでしょう。事前にこの機能を活かすイメージができているかどうかも、導入するタイミングとしては重要です。

もし、上記の機能が活かせそうにないなら、別のライブ配信ツールの導入を検討し。前述の通り、まずは費用がかからない、もしくは安価なプラットフォームで試験的に運用することを推奨します。

メール会員・SNSフォロワーが一定数いる

メール会員やSNSフォロワーが一定数いることもライブコマースを行う上では大事です。コンタクトが可能な会員や、SNSフォロワーがすでに一定数いる法人であれば、Live kitを導入し、運用を開始から間も無くでマネタイズする可能性がございますが、いない場合は導入したからといって成功する可能性は低いでしょう。

ライブコマースは当然、配信に人が集まらなければ成功しません。集客が大切になるため、まずはライブ配信を見てくれそうな会員を集めないと、ライブコマース成功の蓋然性が上がりません。

そのため、すでにある程度のフォロワー・会員登録者がいる状態を先に作る必要があります。

他のアプリとの違い

次に他のアプリと比較して、Live kitが優れいている点、劣っている点について見ていきます。

他のサービスと比較してLive kitが優れている点

  • 投げ銭・有料ライブ配信が可能
  • EC・コマース機能が充実しているので、導入すれば基本Live kitで完結できる
  • 売り上げマージンが取られない(Live kitは無料)

最も注目すべきポイントは、前述の通り投げ銭機能、有料配信機能が付属していることでしょう。他のライブコマース配信プラットフォームにはない機能です。また、EC連携機能も充実しているため、ECサイトをすでに運用している場合は、ライブキットを使いはじめてすぐに連携できます。つまり、すぐにライブコマースを行うことができるのです。

他のサービスと比較してLive kitが劣っている点

  • 初期費用が50万円かかる

これも前述の通り、劣っている点は初期費用でしょう。50万円という金額は他のプラットフォームと比較した時に、高い金額です。しかし、その分導入メリットが大きいので、綿密に投資対効果を検討することが重要です。50万円を複数回のライブコマースで回収できる見込みがあるなら、ライブキットを導入しても問題なく軌道に乗せることができるでしょう。

Live kitは非常に魅力的。ただ利用が難しい。

以上、説明したようにLive kitは、ライブコマースを実施するには非常に魅力的なツールです。しかし、ライブコマースの継続的な実施は工数がかかるため、二の足を踏んでいる企業も多いでしょう。

Live kitを導入しても、ライブ配信の企画やキャスティング、台本づくり、集客などのサポートがすべて受けられるわけではありません。かかる工数はどうしても削減できません。そこで弊社テイラーアップにぜひご相談ください。

弊社は、ライブコマースに特化したPR会社です。ライブコマースにおける成功事例が多数あります。ライブ配信の台本作成はもちろん、インフルエンサー/ライバーの斡旋、ツールの理解、レポート作成など一貫してサポートします。

Live kitの導入を検討している方、ライブコマースでお困りの方はぜひお問い合わせください。

※お問い合わせいただけますと、ライブコマースの成功事例、Live kitの導入事例について詳しくご紹介します。